私の受験の思い出

今週のお題「受験」

かなり昔のことになる。。。

高校受験からになりますが、人数が少ない年もあって、定員割れ。

このときはまったくといっていいほど苦労しなかった。

そして大学受験。

いま思えばセンター試験で失敗というか、得意不得意があると思いますが、

最初ぜんぜん点数とれず失敗。

結局浪人することになります。二年目は一年目より、良くはなったのですが、

自分的にはコツをつかんだだけかなと。。。

(学力があがったわけではない)

一浪して、一応志望校に合格。

地方国立大学にいくことになるのですが、最終的に2年余分に行きました。

大学。(院ではないです笑)

 

でも、一部上場会社に就職できまして、国立大学工学部→プログラマー

という選択で、いまも現役で仕事しています。

 

もともと理系が強く、文系がちょー弱く、日本史とか赤点ばっか

とってましたけど、今思えばあのころ勉強していたことはなんだったん

だろうと思うときがあります。

  

ただ子供ができて教えるようになると、”知らなかった”ということも

多かったり。

そう思うと、もうちょっと勉強していても良かったかなと思うことも。

 

したいことによっては勉強も必要だったり、不必要だったりと

自分は思います。

将来何になりたいか、どういう仕事したいかでかわりますね。

”目標”をもつことが大事かと思います。